どんより沈む気持ちをリセット【うつの症状は精神科で治そう】

どんより沈む気持ちをリセット【うつの症状は精神科で治そう】

ナース

心の病の対策

相談

ストレスの多い現在社会では、うつ病などの心の病になる方が増加しています。精神科で治療を受ける際には、医師の指示に従うことが非常に重要です。そして、うつ病などで精神科を受診する際には、自立支援医療制度を利用することが医療費の負担を少なくすることにつながります。

Read More

うつ病について

ハートを持つ医者

うつ病かな…と思ったら

やる気が出ず何をしても楽しめず、憂鬱な気分が2週間以上続いている場合、「うつ病」の可能性があります。もちろん健康な方でもやる気が出ない日もあれば憂鬱なときもありますが、うつ病の場合はその状態が2週間以上の長期に渡って続いており、日常生活に支障をきたします。自分がこれらに当てはまると感じた場合には、速やかに精神科などの専門医を受診しましょう。 では精神科での初診時は、どのようなことをするのでしょうか。各病院によって多少異なりますが、一般的なケースの場合にはある程度定番の流れがあります。まず気を付けてほしいのは、受診前です。完全予約制の病院もあり、初診時は特に時間を使うため予約必須の場合があります。インターネットなどでその病院の情報を確認し、予約が必要であれば必ず予約してから受診しましょう。そして初診時は当然ですが、保険証を忘れずに持参して下さい。また他の病気で別の病院にかかっていて薬を処方されている場合、お薬手帳等の現在服用している薬が分かる資料も持っていきましょう。 病院に行き受付を済ませた後は、その他の病院と同様に問診票を書きます。但し精神科の場合は同時に、心理テストのようなものへの記入をお願いされるケースが多いです。これらはその後の診療の指針となるものですので、出来るだけリラックスした気持ちで正直に記入しましょう。

病院へ行きましょう

その後は、カウンセラー又はケースワーカーによる面談があります。そこでは現在の病状の他に、自分の過去のことや家族のことなど色々な質問をされると思いますが、これも変に誇張したりせず、素直に自分のありのままを話しましょう。 続いて医師の診察に入ります。ここでも問診がメインとなるので、自分の思っていることなどを出来るだけ正直に伝えましょう。緊張などで話せなくなる可能性がある方は、予めメモなどに自分の気持ちを記し、それを見せるという方法もあります。何にせよ精神科医は話を聴くプロであり、守秘義務もあるため、話の内容が外部に漏れる心配はありません。うまく話せなくても構いません。医師はそれを読み取って対応してくれます。 最後は病状によりけりですが、お薬を処方されて終了です。次の診察は1〜2週間後というケースが多いですが、お薬が合わなかったりしたら即座に連絡して対応してもらいましょう。精神科と聞くと怖い場所というイメージを抱く方もいますが、決してそのような場所ではありません。ちなみに心療内科やメンタルクリニックも診療内容は精神科と同じですので、家から近いなど自分がかかりやすい病院に行ってみましょう。どんより沈む気持ちをリセットできるはずです。

こころの病気を診る

先生

精神科は、精神障害、各種の依存症、睡眠障害などを主に診る診療科目です。近年、開業医では精神科ではなく心療内科を標榜するところが増え、どちらを受診するべきか迷う人も多くなっています。厳密に言う二つは異なるのですが、こころに基盤をおくところは同じですので、どちらを受診してもさしつかえありません。

Read More

注目されている診療科

病院

色々な精神科疾患が社会問題として取り出たされており、クリニックや大病院でも専門外来の開設が進められている現状があります。そのように利用者が多くなっている科目であり、診療では長期にわたるケースがあり、診療費の増大への不安を解消するための自立支援医療制度というものが準備されています。

Read More

心の病気を克服するために

書類

様々な心の病気について広く知られるようになっている現在、身近な存在になりつつあるのが精神科の病院やクリニックです。主治医を信頼して療養生活を送ることが大切です。心の健康を取り戻すことで、身体の不調も改善される場合が殆どです。

Read More

気軽に門を叩いてみよう

男性

今でも精神科の受診に二の足を踏む人は少なくありませんが、精神疾患は治療が遅れると深刻化することが多いので、思いきって受診してみることをおすすめします。治療を続けることで、いずれ目に見える成果も現れてきます。

Read More